覚書は大企業との契約交渉に必須アイテム!

 

最近では上場企業と言えども、平気で倒産する
ようになってきましたよね?

 

契約交渉において、「大企業だから大丈夫だろう。」
と一方的に相手方に有利な条件を飲んでしまうのではなく、
理不尽なところはきちんと改めるよう要求することが必要です。

 


ところが大企業には大企業のご事情があるのです。

 


大抵、社内で承認された、提携雛型契約書があり、


「これが社内統一フォーマットだから変更する
 訳にはいきません!」


という誠に理不尽な理屈で自社に有利な押し通そうと
してくることが多いのです。


合理的な経営をするため、どの相手とも画一的・統一的
に契約締結したいという事情があるのはわかりますが
ここで引き下がってはいけません!!

 

***********************************
社内統一フォーマットを変更できないご事情は良く
わかりました。

では別途覚書をご用意しますので、そちらの方で、
変更点を記載
させていただくということでお願いできま
せんか?
***********************************


と、お願いしてみるのです。

 

契約書そのものの変更ではなく覚書であれば、
意外とすんなりと応じてくれることが多いのです。

 

 

法律的な効力から言えば、契約書だろうと覚書であろうと
その効力は変わらないので、おかしな話なのですが、
そこは敢えて突っ込まないでおきましょう。

 

ご参考までに誰もが使える覚書のフォーマットを
無料でプレゼントしますね。


もし良かったらダウンロードして使ってみてくださいね。
↓     ↓     ↓     ↓      ↓     ↓     ↓

覚書サンプル看板.jpg