退職⇒受験勉強⇒合格⇒開業

「法律で安全をコーチングで安心を」を実現するためには、独立・開業し、自分の

好きな人達だけに好きなサービスを展開することが不可欠だということはわかって

いました。会社をやめる決断もしていました。でも、具体的にはどうしたら良いのか

さっぱりわかりませんでした。

 

そこで、何か自分を後押ししてくれるものが欲しくて、行政書士試験を受けることに

しました。「合格したら、退職しよう。」とその時は思っていました。

 

決断とは、何かを引き寄せるものらしい。

 

決断をして、2ケ月もするとサブプライムローン/リーマンショックの問題がおきました。

それまで業績好調だった会社が傾きだし、希望退職を募り始めたのです。

 

「これは何かのサインかもしれない。」

 

私はそう思いました。その当時お世話になっていたコーチも、「これは絶対に

引き寄せだ!やめない理由がなにもない!」と背中を後押ししてくれました。

そこで、私は20年に渡るサラリーマン生活に終止符を打ち、試験勉強

1本に絞ることにしたのです。

 

行政書士試験は昔とは異なり、かなり難易度があがってきています。ひどい

年は合格率4%。100人のうち96人が落ちるのです。チャンスは1年に1回

のみ。

 

失業保険で食いつなぎながら、毎日予備校に通い、1日10時間くらい必死に

勉強しました。でもやってもやっても先が見えず、予備校で行われる模擬試験

等でもなかなか成績が伸びませんでした。

 

模擬試験の結果を見る度に、「本番で失敗したら人生に終わりだなー」とか

「そうしたらまたサラリーマンに逆戻りかなー」 とか、夢を見失って無念の思いで

絶望する自分の姿が自然と浮かんできました。

 

でもその度に、コーチングで学んだスキルが救ってくれたのです。

 

試験に合格し開業したら。。。

どんな光景が見えるだろう?

どんな音が聞こえるだろう?

どんな人達がどんな言葉を掛けてくれるだろう?

そして自分はどんな感情を抱くだろう?

 

恐怖がわいてくる度に、上記のような良い質問を自分にしました。

すると、自然にワクワクした素晴らしい感情が湧いてきて、恐怖感

を消し去り、予備校の自習室にいながらも、気持だけは本当にハッ

ピーになれました。

 

人は何かを達成したからハッピーになるのではなく、達成すること

を信じて迷いもなく、日々の生活をおくれるようになったその瞬間

からハッピーになれるのだ。

実を言うと、実際に何かを達成したかどうかはあまり大きな問題ではない。

たとえ道半ばにして、 その人が死んでしまったとしても、

その最後の瞬間までその信じる気持ちが揺らぐことなく死んでいったのなら、

その人は間違いなくハッピーな人生をおくったのだ。

 

私が、身をもって会得した信念です(^^)

 

そうしているうちに試験当日。

試験当日2週間前から風邪をひき、おまけに当日は緊張のあまり明け方

5時くらいまで眠ることができず、飲めないビールをがぶ飲みして無理やり

仮眠を取るという状態で当然頭はボーとしていました。

 

でも全く恐怖感はありませんでした。

 

コーチングのスキルのお陰で、良いイメージのまま試験にのぞみ、

受験が終了したのです。

 

 

 

 

 

 

そして今、私は行政書士/目標達成コーチとして皆様にサービスを

提供させて頂いていることを心より感謝しています。

 

「法律で安全をコーチングで安心を」

 

何か仕事上で迷ったときはいつもこの言葉に立ち返るようにしています。

そして私が関わる全てのクライアントの感情や人生まで心を配るこの

仕事に誇りを持って生きて行きたいと思っています。