他社とのコラボ/共同事業の契約サポート専門の行政書士です!!

あなたがこんなお悩みをお持ちならお役に立てるかもしれません。

 

■新たな共同事業をやるにあたり、どんな契約書が必要かわからない

■新規事業に乗り出したいが、契約交渉に自信がない

■新規取引先と技術提携をしたいが、自社技術の漏洩が心配

■新たに外国企業と取引開始するのに何が必要かわからない

■英文の契約書を渡されたが、中身が良くわからない

■社内に契約書を専門に審査する人材がいない

■売上/顧客増と共に、取引の誤解/トラブルが増えてきた

■取引先からいきなり契約書や覚書を渡され、押印を迫られている

■今まで契約書や覚書なしで取引してきたが、これで良いのか不安

■契約書チェックの時間がないので、ポイントだけ知りたい

■契約交渉を手早く、揉めずに終わらしてしまいたい

 

今ここで少しだけ、想像してみてください。 

 

上記のお悩みが全て解決するとしたら、

あなたのビジネスはどうなるでしょうか?

あなたの従業員はどう変わるでしょうか?

あなたと取引先との関係はどうなるでしょうか?

あなたのお悩みを解決するうまい方法があるとしたら

あなたはそれを知りたくありませんか?

 

もしあなたが本気で知りたいと思っていらっしゃるなら、

当センターでお役に立てるかもしれません。

でも。。。

 

すぐにはご連絡しないでください!

 

契約書・覚書の3つのワナ

 

まずは、この事実を知っておくことが、あなたのお悩みを解決し、あなたの

ビジネスが継続して、成長・発展していくためにはとても重要なことなのです。

     
                          
詳細は下記をクリック!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 3つのワナ画像3.bmp